歯科医師 本 拓悟

本先生へインタビュー

今回は関原デンタルオフィスのインプラント治療、審美歯科治療を得意とする本先生にインタビュー致しました。

相手の言葉にしっかりと耳を傾け、落ち着いた物腰で丁寧にお話ししてくださる本先生。歯科医師を目指されたきっかけから、患者さんへ伝えたいこと、プライベートな過去のお話まで語っていただきました!

本先生が歯科医師になったきっかけを教えてください。

一番大きなきっかけとなったのは、学生時代に私自身が矯正をした時に「本当にこんなに変われるんだ!」と、嬉しかった実体験にあります。また、当時通っていた歯医者さんのスタッフさんたちも、とてもフレンドリーに優しく対応してくれたのも印象的で、「自分もされて嬉しいことをしていきたい」という思いは、その時から今も大事にしています。

今までどういった治療を学んできましたか。

一般歯科を主として学び、インプラント治療と審美歯科治療に特化した医院で専門医の元、長年治療を学んできました。現在は所属しているインプラント学会の専門医の資格取得を目指して日々研鑽を積んでいます。

本先生が感じる関原デンタルオフィスの魅力は何ですか。

チームワークの医療体制です。

院長をはじめ、経験豊富な先生方がしっかりとフィードバックしてくださり、先日も抜歯の仕方について他の専門医の先生とも意見を交えながら、最適な治療方法を模索しました。ワンチームで、より良い医療へと向かっている実感があります。

歯科医として大切にされていることを教えてください。

患者さん一人ひとりに対する痛みへの配慮です。治療の際には、患者さんとお話しをする時間をできる限りとらせていただき、「今どのような治療をしているのか」「ゴールはどこなのか」など、丁寧な説明を大切にしています。

やはり患者さんにとっての不安の大きな理由は、『今、自分が何をされているのか分からない』ことにあると思いますので、治療前には必ず画像やアニメーションなども使って分かりやすく丁寧に患者さんへ説明を行なっています。

どんなときにやりがいや喜びを感じますか。

「先生でよかった」と、患者さんに言っていただけることです。

患者さんの中には、最初は歯医者を怖がっている方もいらっしゃいます。そうした時には、まずはじっくりと丁寧にお話をさせていただき、不安を一つずつ解消していく。

時にはお話だけで終わることもあります。そうして少しずつ安心していただき、治療が終わって帰られる時に笑顔になっていただけることが、私たち歯科医にとって何よりのやりがいです。

本先生は今後どんな治療をおこなっていきたいですか。

当院では、患者さんの「自分の歯を残すこと」を重視しています。もちろんお口の状況にもよりますが、できる限り自分の天然の歯を残していける可能性をまず探っていき、患者さん一人ひとりの将来的なビジョンもふまえて、治療プランをご提案しています。

また、院長は「患者様に一生通いたいと思っていただける歯科医を目指そう」と、スタッフによく話しています。実際に、患者さんの中には片道2時間もかけて来院してくださる方もいらっしゃったり。

私が目指す姿も、患者さんに幅広い治療に対応できる技術を磨きながら、精神面でのケアも大切にできる「困った時に何でも相談できる歯医者さん」です。

歯医者さんが苦手な方や、これから患者さんになるかもしれない方へメッセージをお願いします。

歯医者さんに対しての「こわい」の多くは、「知らないから怖い」からくるものだと思います。

当院では、カウンセリングや丁寧な説明を大事にし、患者さんのそれぞれの事情やお声もしっかりと伺いながら、一緒にゴールを目指していくスタンスです。我慢して悪化してしまう前に、どうぞ遠慮なく何でも相談してください。

最後にプライベートなご質問をします。
週末はどうお過ごししていますか。

休日はお酒を飲むのが好きです。

体を動かすのも好きなので、ジムに行ってプールで泳いだり、ランニングもよくしてます。

 

本先生、ありがとうございました!